ご挨拶/理念

ご挨拶

株式会社レヂトンは創業以来、「技術と信用」を第一に安全切断砥石を始め、研削・研磨工具を製造販売し、お客様に多大な御支援をいただき、現在に至っております。
当社は、安全切断砥石の製造を我が国において最も早い時期より始め、研究開発を進めながら、すでに60年以上の実績を持っております。
お客様のお陰をもちまして、当社の安全切断砥石は国内・外において高い評価をいただき、多数のお客様にご使用いただいております。
また、近年はダイヤモンド・CBN工具の製造販売においても、お客様から技術的に高い評価をしていただき、さらに研究開発を進めております。
私どもの目標は皆様に喜ばれ、安心してお買い求めいただける"信頼される工具"を作り続けることです。
目標は高く"未来を切り拓く"技術集団を目指しております。
何卒今後とも変わらぬご指導とご支援をお願い申し上げます。

経営理念

社章について

この我社の社章は創立35周年を記念して、社名(旧社名:特殊製砥株式会社) とともに、変更しました。
それまでレヂトンはブランドとして大切に使用していましたが、お客様にもレヂトンの方が、浸透していたための変更でした。
何故、レヂトンというのか?
それは我社の歴史がレジノイド製法の砥石からスタートをし、現在も主力製品として、商売しているからです。
実にわかり易い社名になりました。
レヂトンの源は何かというと、苦労して会社を今日までにした創業の山下兄弟 (山下琳輝、和澤純男、山下喜久男)であり、それは誰も異論のない当たり前のことです。
社章の左側に3人が仲良く並んでいるように見えませんか。
これは3人の太い絆です。
 
それから、右側の〇は輪(和)であり、円(縁)です。
お客様の和、社員の和、仕入先様の和、株主様の和であり、
お客様の縁、社員の縁、仕入先様の縁、株主様の縁であり、
これを太い足でどっしり支えた安定感のある R が我社の文化であり、歴史です。
 
そして、右肩上がりの社章を見てください。
これは、我社を永遠に発展させたいという、祈り・願いを込めて、この社章になりました。